ブログ一覧

悲しいとき~

7←クリックすると拡大

 

海で魚釣りをする人にとって、非常にポピュラーな釣り場のひとつに、

いわゆる『漁港』が挙げられると思います。

私自身も、地元の愛知県岡崎市から近い蒲郡市の漁港で釣りをします。

 

 

漁港というものは、

主に漁業のために整備された場所であり、自治体や “漁協”(組合)によって管理されている場所です。

 

 

そのような漁港が一般人の立ち入りを禁止していたとしても、

基本的には、あたりまえの事と言えます。

 

しかし、

多くの漁港では、(全くの無制限ではありませんが)一般の釣り客の立ち入りが黙認されているのが現実ではないでしょうか。

 

黙認と言いますのは、

厳密に法律等に照らした話は別として、実際には(ごく一般的な?常識的な?)“人々の良識的な行動” に依存するかたちで、

防波堤などの施設への部分的な立ち入りと、そこで魚等を採取することに対して、

特に罰せられることが無い状態を指します。

 

 

人々の良識的な行動とは、

たとえば、

・ゴミを持ち帰る(持ってきた物をその場所に残さない)

 

・『立ち入り禁止』と明記されている場所に立ち入らない(漁業関係者に迷惑をかけない)

 

・小さな魚は逃がす等、魚を採りすぎない(水産資源の保全)

 

など・・・

※( )内に書いたことは、根底に求められる意識です。

 

 

そのような良識的な行動が逸脱されるようなら、

漁港は、『釣り禁止』あるいは『立入禁止』となってしまうでしょう。

 

 

 

考えてみれば、

海水浴場にゴミ問題があったとしても、

そもそも沢山の人が訪れることで成り立っている以上、閉鎖される事は考えにくいのかもしれませんが、

漁港は本来、沢山の人が釣りをするための場所ではないのですから。

 

 

とはいえ、それって余程の事なんじゃないの? と思われるかもしれませんが、

残念ながら、釣り禁止・立入禁止の場所が増えているのが現実です。

 

ちなみに、事故が起こった場合も即立入禁止です。

この場合は、海水浴場だって遊泳禁止になりますよね。

 

 

常々、理解に苦しんでいる事として、

釣りが好きな人は皆、

“マナー” を守ることが、釣り場を守ることだと分かっているはずなんですが、

しかし、

釣り場に落ちているゴミは、まぎれもなく釣り人が置いていった物だと分かります。

なぜなら、

それらが、釣り具のゴミだからです。(包装紙・ビニールなど)

 

あいさつブログ

Twitterはこちら

説明十分

あるところに『Aさん』という人がいました。

 

Aさんは、こう言いました。

『私は、いろいろな事を考えるスピードが遅くて、物忘れも多いです。』

 

『忘れても、大して問題にならない事なら気にしませんが、大切な事はメモしておかないといけません。』

 

『私に頼み事がある時は、必ずメモしてください。メモしてあることは、必ずその通りにやります。書いてない事はやりません。』

 

『その際、たとえ毎日メモしてある事でも、その日にメモしてなければ、その日はやりません。書き忘れかな?と思うかもしれませんが、そうではないかもしれないし、他の人なら気を使って融通をきかせるような事でも、私は、そういうことが出来ないんです。だから、大切なポイントがあったら、必ず書き添えてくださいね。』

 

 

(補足)Aさんは、慣れた事なら、人並み以上に早く正確に行える人でもあります。

 

 

Aさんは “能力の高い人” だと、私は思います。

先述した通り、

Aさんは、ご自身の能力(思考の特徴など)を自覚された上で、

大きな問題(特に他者との関係において)が起きないように、周囲に対しても前もって注意喚起をしてらっしゃるからです。

 

逆に言えば、

私なら、絶対に間違いがあってはいけないような大切な事を、Aさんには頼みません。

(Aさんに限らず、他者には頼みません)

だれが見ても確実に遂行できるような『説明書き』を書くことは、非常に難しいことだと思います。

 

 

Aさんに対して『それぐらい言わなくても分かると思って・・・』という考えは通用しません。

『他の人なら気を使って融通をきかせるような事でも、私は、そういうことが出来ないんです。』と、

ちゃんと説明されていますから。

 

つきぐっちゃん昼寝

 

Twitterはこちら

毒舌

人々の大切な財産である “貯金” を

必死になって “投資” させようとしてる輩がいるんですね。

(しかも “外国” に)

 

ここで言ってる “投資” というのは、

多くの人がイメージするような、

短期間でお金を増やす

という目的だけの、

株やら仮想通貨やらを含めた超くだらねえ話のことです。

 

銀行預金だって “投資” だけど、

多くの人は、単なる貯金だと思ってるでしょ?

私もそうです。

それはそれで、いいんです、べつに。

 

 

『投資』って、

本来すごく壮大な、夢と希望のあるモノだと思います。

というか、究極的には、それしかないモノなんだと思います。

でも、そこには計り知れない大きな価値があると思うんです。

 

 

アホみたいな理屈で、人々の老後の、

経済的な不安を煽り、

“資産運用” という、ちょっと誠実そうな言葉(私はそう思っている)と、

低リスクであるということ(この場合、リスクという言葉すら憚られるのだろう)を掲げ、

 

とにかく “投資” は今や、こんなにも敷居が低くて、

やらにゃ損、損、

“投資” こそが、人々のあらゆる不安を解決してくれる、と言わんばかりに、

広告塔としてアピールし続ける、芸能人たちのアホづら見てもイライラしますが・・・

 

 

実際に、“投資” で大きな成果を得た人がいたとしても、

その人は所詮 “ギャンブル” に当たっただけのこと。

 

 

はっきり言いますが、

お金は大切ですよ。(大切でしょ?)

“ギャンブル” なんぞ、1ミリたりともお金を大切にする行為ではないんですよ💢

 

そう思いませんか。

思わない?

 

あ、そう

 

明大寺マッサージ院 挿絵

 

Twitterはこちら

正直に言います

世の中に、

『自分は “心の病”を持つ』と、訴える人は多いんですね。

 

“心の病”って何?

と思うかもしれませんが、

まあ、なんとなく思い浮かぶような、

『うつ病』とか『〇〇恐怖症』とか、

それから、よくアルファベット三文字ぐらいで表されるようなモノまで含めた話だと思ってください。

 

 

このような話を耳にする時、

いつも思うことがあります。

 

もしも、あなたの“病気”を完全に克服できる方法があるとしたら、それを実践しますか?

(そのかわり)あなたは病人ではなくなります。

 

という問いかけをしてみたいのです。

 

 

わざわざ、(そのかわり)~ と付け加えた理由は、

それこそが、決定的に問うてみたいポイントだからです。

 

 

以下、私個人の考えです。(純粋な疑問でもあります)

 

癌などの病気に、日々命を削られている人は、

『病気を克服したい』

『健康な体に戻りたい』

『もっと生きていたい』

と、本気で望むでしょう。

 

では、

たとえば『うつ病』の人が、

医師の診断のもとで、(社会人であれば)仕事を休み、

身近な人たちからも一定の理解を得て、

比較的安定した気分で日常を過ごせている状態から、

 

一転して、

何ものにも揺るがない『最強のメンタル』を手に入れ、

社会生活をおくる上で、客観的にみて、自分の“足かせ”になるモノは何もなく、

他者と比べても、自分が不利だと言える要素は何もなく、

すべては、自分でコントロールすべき事であり、

すべて自分の力であり、自分の責任である。

 

という状態を、心から望めるものでしょうか(?)

 

 

わたしは、絶対に望むべきだと思っています。

 

明大寺マッサージ院 挿絵

 

Twitterはこちら

『お大事に』といったら『お大事に』

以前、テレビで見たんですが、

先天的に『痛み』を感じない人がおりまして、

この人は、当時まだ子供なんですけどね、

痛みを感じないがゆえに、ケガをすることも多いらしいんですね。

 

彼は、痛みを感じないだけであって、

身体の強度といいますか、(言葉が適切ではないかもしれませんが)

皮膚・筋肉・骨などの耐久性は、他の人と同じなわけです。

 

でも痛みを感じないので、

たとえば、日常の遊びの中で、

体を傷つけてしまうような負荷を、体に掛けてしまうことがあるらしいんですね。

 

テレビで見たとき印象的だったのは、

骨折した脚が治っていないのに、ピョンピョン飛び跳ねて、はしゃいでいる姿でした。

 

何度か、崩れ落ちるように床にしゃがみ込むんですが(そりゃそうですよね)、

やはり、全く痛みを感じていない様子でした。

 

それで結局、

周囲の人間にとって、難しい事というのは、

ケガを治すために、

本人に、患部を安静に保つことを徹底させる事なんですね。

 

 

みなさんは、

肌を擦りむいたり、切ったりしたときに、

絆創膏を貼ったりしますよね。

 

患部に触らなければ、べつに貼らなくてもいいんですけどね、

でも、なにかしら触ってしまうので(衣類で擦ったり)、

患部を安静にするために覆ってしまうわけですね。

 

 

体の表面のケガに対しては、

だれでも気を使いやすいんですけど、

その一番の理由は、見た目に痛々しいからだと思います。

 

これが、“体の内側の ケガ” となると、

見た目の痛々しさを感じにくいので、

『痛み』だけが、患部を意識させる要素となるわけですね。

 

“ぎっくり腰” や “五十肩” でもですよ、

特定の動作や、患部周囲の状態によって、

患部に何かが触れたり、圧迫されたりするから、

強い痛みを感じるわけです。

 

絆創膏でも貼れりゃいいんでしょうけどね、できないから、

その代わりに、

患部(炎症を起こしている部分)が、

極力、周囲からの接触・圧迫を受けにくくするための処置を行うことはできます。

(とはいえ、それで完全に患部を保護することなんて出来ないですよ。少なくても私には)

 

 

たとえば、痛い所に骨が当たっていたら、よけいに痛いですよね。

だから、骨に当たるところから、ほんの少しズレるように、

あるいは、痛い所と骨との間に、ほんの少し隙間が空くように、

そういう状態にあるとき、

患部は『安静』に保たれているわけです。

 

そして、安静が保たれる中で『治癒』していきます。

 

 

しかし、この安静な状態は、患者さん本人の行動次第で、容易に崩されてしまいます。

 

 

ちがう角度からの話ですが、

いわゆる麻酔によって、痛みを感じなくした場合はどうでしょう?

 

これも、患部をより安静に保つための処置に他なりません。

なにより、

強い痛み、夜間に増強される痛みは、心身を消耗させますから、

痛みから解放されることで、体力を温存し、治癒を早めるでしょう。

 

ところが、

多くの人は、痛みが無くなったとたんに、普通の生活をしてしまうでしょう。

これは、先に述べた “痛みを感じない人” と同じことです。

 

 

あらためて考えてみますとね、

痛いからこそ、痛い動きを避けようとするし、痛い所を庇いもするわけですよね。

(例のテレビ番組のテーマも、そういうことだったかも)

 

最後に、これだけは言わせてください。

安静にするから治るのだと

 

つきぐっちゃん昼寝

 

Twitterはこちら