ブログ一覧

足るを知る者ナリ

先日、うちの両親宛てにも『ワクチン接種券』が来まして、

大物アーティストのライブチケットみたいに、電話かけまくってたようですが、

そんな中での、なんか『しょーもない』ニュースありましたよね。

ちょっと話それますけど、何かのために『並ぶ』のが大嫌いなんですよ、

例えば、ラーメン屋さんとか、新製品とかね、

行列つくってまで(つまり、一刻も早く)何かを手に入れたいと『思えない病気』なんですわ、生まれつき、

望む人には全て平等にいきわたるものだけで十分です、

『プレミア』に価値を感じたことは無いし(正確に言えば、『先を争ってまで手に入れるほどの価値は無い』ということです)

『プレミア感』を押し付けられることには嫌悪感すら感じます。

『ほとぼり冷めたあと、誰と争うことなく、ゆっくりと手に取ったもの』、その段階に至って尚、価値を感じるなら『本物』です。

話をもどしますが、どこかの誰かが1人か2人、何に優遇されようが、どうでもいいです。

人が殺到してる時点では、未だ大した価値は無いんです、たぶん(どう思います?)

つきぐっちゃん昼寝

Twitterはこちら

こくてっけん

まんが25←クリックすると拡大

 

※元ネタの映画があるんですけど、タイトルを思い出せません。

東洋医学では、さまざまな原因によって『血(けつ)』の流れが滞ると、

黒い塊のような状態になると考えられています。

目の下のクマ、皮膚のシミ、サメ肌、同じ所がズキズキ痛む、夜になると痛む、舌が紫色など・・・

『黒い血』のせいかも

Twitterはこちら

十分すぎる世界

激動の世の中にあって、「日々見聞きする情報から何を受け取るべきか(どう行動するか、何を持つべきか、結局何がどうなのか等)わからない」と思うことはないでしょうか?

しかし、よく考えてみれば、世の中に溢れている情報のほとんどは『有名人のスキャンダル』と同等ですので、

知らなくても全く困ることがありません。ほんとうに全く困りません

もし、そう思えないときは『日々の暮らし・人生・歴史』という事について、『原始的』(※言葉が適切ではないかもしれませんが)に捉えてみてください。

まず、人間は何かを成すために生まれてくるわけではありません、

『かけ離れた世界』と関わらなければいけない義務はありません、

『かけ離れた世界』の事まで知らなければいけない義務はありません、

他者との関係は、身内を介した繋がりだけでも十分です、

食べ物は世の中に溢れています(自分で作ることも簡単にできます)、

健康になる方法は世の中に溢れています(どの方法でも継続すれば十分健康になります)、

生きていく上でお金はあまり必要ありません(納得できないかもしれませんが)、

小さな集落の中だけで一生を終える人だって存在します、

仕事とは本来、生活の中にあります、

 

今、情報に振り回されていると感じる瞬間があるなら『いろいろな事をやりすぎです』

とりあえず『それ』は置いておきましょう。

つきぐっちゃん昼寝

Twitterはこちら