むずかしい話

VID_20210911_132458_exported_2806←ブラックバス

Screenshot_2021-09-17-10-36-11~2←ミドリガメ

 

池とか川で、“外来種”と言われる生き物を見ることがあります。

上の画像は、どちらも乙川に棲んでいる生き物ですが“外来種”です。

 

“外来種”の何が問題かというと、

生態系への影響です。

 

すぐ思い浮かぶ事としては、

・“外来種”が“在来種”を直接的に捕食する

・一定の範囲の中で“外来種”が増え、“在来種”の生息域を圧迫する(餌となる生物や、産卵場所の奪い合いが起こる)

など、です。

 

“外来種”を持ち込むのは人間ですし、問題視するのは人間ですから、

当然、人間の生活への影響があるということです。

漁業や農業などに与える影響は想像しやすいと思います。

 

それらの問題を含め、もっと様々な問題があるのでしょう。

 

その問題とは、様々な立場からの視点によって生み出されています。

また、思想・信条・『好む・好まざる』という感情によっても、その問題の度合いが大きく変わります。

 

いずれにしろ“外来種”に関する問題は、『命とは何か』という議論に発展した後、

現実的には解決不能、議論の収拾不能であることを、

人々に“なんとなく”感じさせるのです。

 

そして、この問題は、“生命力”というものが如何に(人知を超えて)強大な力であるかということを示してもいるのです。

 

ところで、海洋生物には“外来種”という問題は存在するのでしょうか?

海は世界中繋がっているのだから、少なくても“外来種”という概念はあり得ない?

いまのところ、そう思ってます。

つきぐっちゃん昼寝

Twitterはこちら

ゴムボールのような?

『ケガをしにくい体』ということについて考えていた時に、

一つの“例え”を思いつきました。

魚釣りで使う『リール』の『ドラグ』という機能です。

 

ドラグ

リールは糸を巻き取る道具ですが、

ドラグを調整することによって、

一定の範囲を超える大きな力に対して、抵抗をかけつつ糸を逆に送り出すことができます。

もし、この機能が無ければ、大きな力に対して、糸や釣竿の強度が限界を超えれば壊れてしまうでしょう。

 

じつは、ここからが本題なのですが、

“ケガ”(筋肉や関節の損傷に限定して)をしにくくなるためには、

体にかかる大きな力に対して、次の3つのうち

①完全に脱力し抵抗しない

②筋肉をガチガチに固めて抵抗する

③一定の力を保ちつつ柔軟に対応する

『ドラグ』の話をしたのですから、③が正解ですが、

 

※①は何が問題なのかというと、

たとえ抵抗しなかったとしても、筋肉には伸びる限界があり、関節には動く限界があるからです。

(限界に達する前に、体にかかる負荷が無くなるなら、問題ありませんが)

①と②は、けっきょく同じことなのです。

 

『高所から落下した赤ちゃんが無傷であった』という事例を出して、

“脱力状態だから助かった”とする意見を聞いたことがありますが、

この赤ちゃんが無傷で済んだのは偶然です(単純な話ではありません)

 

では、③とは、どのような状態なのかと言いますと、

こちらの記事をご覧ください

ここで説明している『放鬆(ほうしょう)』という状態によって可能となります。

 

『放鬆』という状態は、けっして自然な状態とは言えません、

体得するには具体的な訓練法もございます。

東洋医学的にも、いろいろと良い効能が得られます、

興味のある方は、当院でもいつでもご指導いたします。

つきぐっちゃん昼寝

Twitterはこちら

たとえ話

ふと、“平和”と“健康”って同じものだと思いました。

それが失われるまで、その価値を実感しにくいものだと思うのです。

 

例えば、『平和』を『何も起こらない』というイメージに置き換えることができます。

また、『健康』も『(自覚症状が)何も無い』という表現に置き換えることができます。

 

共通するのは、“なにもない”ということなので、

そのまま価値を見出すのは難しいかもしれませんが、

二段階に分けて考えると、

 

まず、自分が最も容易に価値を感じられる物事を思い浮かべます。

そして、それらの物事が“なにもない”状態(平和・健康)の上で成り立っていることを考えれば、

論理的には、平和・健康の価値と結びつけられます。

 

でも残念ながら、“価値”は実感することであって、理屈で理解することはできません。

だから、『失うこと』は、平和・健康の価値を実感するための、唯一のプロセスなのかもしれません。

 

そして、現在、平和と健康を失った人が世界中に存在するわけです。

それが身近な事でなくても、容易に目の当たりにすることができます。

そこで大切なのは『想像力』です。

 

『想像力』を使えば、

他者の身に起こった事を、自分の身に置き換えることができます。

 

あまりにも極端な事は想像し難いかもしれませんが(例えば、至近距離で爆弾が爆発したとか)、

肺炎によって呼吸ができない人と同じ状態にはなれなくても、いっその事、息を止めてみたらいいと思います。

“地獄”でしょ・・・

 

平和というのは自分ひとりでコントロールできるとは限りませんけど、

健康は、ほとんど自分の意志で維持できます。(一度その価値を実感できれば、それを維持するための方法は調べればいくらでもありますから、それを実践するだけです)

 

そして、今ほど健康の価値を想像するのに適した時代も、そう無いはずです。

つきぐっちゃん昼寝

Twitterはこちら

ワクチン接種後経過

昨日(8月19日 15:00)2回目のワクチン接種(ファイザー)をしました。

 

本日15:00現在(接種から24時間後)の副反応等の様子は、

・注射した腕の痛みは、本日の朝に感じました(1回目の時と同じ)、まだ少し痛いです。

 

・12:00ごろ、“全身の重だるさ”というか、強い眠気を感じたので、1時間ほど睡眠をとったらスッキリしました。

 

・体温は36.5度です(自分にとって平熱)

以上

 

世の中に、新型コロナワクチンについての様々な情報と意見があふれています。

また、一部の情報についての真偽や、ワクチンの賛否についての多くの議論が交わされている事を知っています。

今回、私は自分の判断でワクチン接種を選択しましたが、

その判断基準(ワクチン接種を選択するに至った思い)は、一個人にしか当てはまらないものであり、

他者にワクチン接種を奨める意図は全くありません。

 

2回目の方が副反応が強く出るという話も伝え聞いておりましたので、

前もって、本日は休業とさせていただきました。

明日は通常通り営業する予定です。

つきぐっちゃん昼寝

Twitterはこちら

身内が感染

妹がコロナに感染しまして、

前回の記事こちら 

その後に得た追加情報です。

 

現在、熱は下がっているらしく、

高熱が続いたのは、発熱した日を含め二日間だそうです。

 

同居している家族(妹の夫と娘)は『濃厚接触者』に指定されましたが、

『陽性』かどうかは、まだわかりません。

 

現時点で、定められた“療養期間”(隔離 期間)は、

感染者本人は8月23日まで、

濃厚接触者は8月26日までだそうです。

 

医療機関(ホテルも含む)で受け入れられる状況ではないらしく、

今後も自宅療養の予定だそうです、

(家の中で、他者と接触しないように過ごしているそうですが、もし個別の部屋がない家庭だったら、それも難しいのでは?と思いました。)

食事は、3食とも配達されるそうです(行政により)、隔離されるわけですから当然でしょうね。

 

感染者本人(46才女性 ワクチン接種1回済み)の感想は、“かぜ”みたいな感じだそうです。※個人の感想です

 

Twitterはこちら

一応、ご報告します④

大切な事だと思うので、ご報告します

妹(46才)が新型コロナウイルスに感染しました。

現在、確認できている事実関係は以下のとおりです。

 

・8月4日?に一回目のワクチン接種

 

・8月12日に発熱(38~39度)

 

・8月16日の朝、保健所から『PCR検査の結果「陽性」の連絡あり』

 

・現在は自宅療養中で入院の予定は無し

以上

 

私は同居人ではなく、直近の『濃厚接触者』の定義にも該当しません。

また、同居している家族でも、無条件に濃厚接触者に該当するとは限らないそうです(保健所が状況を総合的に判断するそうです。)

 

私事ですが、施術者として身近な情報を速やかに提示しようと思ったまでです。

当院は通常どおり営業いたしております

それはどうなの?

1←クリックすると拡大

 

上の四コマ漫画は実話ですが、

時間に遅れて来たとか、通知内容についてよく理解していない(であろう)ということについては、

この際どうでもいいです、

でも、そこから想像されるのは、

ワクチン接種することについて、まったく思考停止した状態なのではないか?ということです。

 

私はワクチンを否定する者ではありません(接種しました)、

しかし、ワクチン接種が強制ではない以上は、

やっぱり、各個人がよく考えないといけないと思うんです。

むずかしいのは解りますが、

 

それにしても“健康診断”じゃないんだから・・・

つきぐっちゃん昼寝

Twitterはこちら

すごくためになる話

腰痛の位置

朝起きた時に、腰が痛い方、

そして、痛い場所というのが、だいたい上の図のような場所である、という方に対して、

(受け止め方によっては)救いようのない話をします。

 

痛みを発しているのは『仙腸関節(せんちょうかんせつ)』という関節部分です。

痛みの原因は仙腸関節を取り巻く筋肉の“筋肉痛”です。

 

仙腸関節は、『半関節』といって、そもそも大きな動きをする関節ではありませんが、

少し動きます。

その少しの動きで、上半身と下半身の動きの要(かなめ)となる重要な関節です。

ただし、すべての人には当てはまりません。

 

仙腸関節を上半身と下半身の動きの要(かなめ)として日常動作を行っている人は、

仙腸関節が良く動きます。

逆に、仙腸関節が動きにくい人が、ふとしたことで仙腸関節が動いたときに、周囲の組織を損傷しやすいです。

 

ここまで、よろしいでしょうか、

 

では、どうしたら仙腸関節を機能的に使える身体になるかというと、

個人的には『太極拳』をお勧めしますが、

もっと簡単に、腰痛を予防するための運動と割り切って行うための良い方法があります。

それは『正座』です。

 

厳密に言うと、正座をする際の一連の動きです。

では、ご説明します、非常に簡単です。

(注意)腰椎椎間板ヘルニアを患っている人は、やらないでください。

 

正座の解説

正座の解説2

( ↑ クリックすると拡大)

基本はこれだけです。

“運動”ですから3回ぐらいやってみましょう。

 

※さらに、立つ前にお辞儀すると、より立ち上がりやすく感じると思います。

その違いも是非、感じ取っていただきたいです。

お辞儀

 

お気づきの方も居られると思いますが、

要するに、武道や伝統芸能における所作ですね、

その価値を知られることなく、非合理的と見なされるものでもあります。

 

ついでに、つっこんだ話をします、軽く聞き流してください。

 

正座をすると、体の前と後ろの気の流れが繋がって、

それによって体の中心の気の流れを強く感じるようになります。

小周天

これを『小周天(しょうしゅうてん)』と呼ぶ人もいます。

 

習慣化すると、たった1分の正座でそれを感じるようになりますので、

そうなると、りっぱな『禅』です。

 

あくまでも腰痛を予防するための運動習慣として行えばよいのですが、

どうせなら、毎朝、朝日に向かって感謝の気持ちを込めて行ってみてください。

正座が出来ない人は太極拳がおすすめです。

Twitterはこちら

一応、ご報告します③

一回目のワクチン接種をいたしまして、(7月24日 ファイザー)

注射した腕の痛みを昨日から感じていましたが、今はもうありません(12:30現在)

 

他の“副反応”らしきものは、ありませんでした。

 

二回目は8月19日に予定しております、

二回目の接種後、参考までに、また様子をお伝えします。

熱中症にはくれぐれもご注意ください。

 

VID_20210725_122022_exported_0

オイカワやカワムツなどの小魚がルアーで釣れると知って、近くの川辺をうろつくことが多くなりました

Twitterはこちら

一応、ご報告します②

昨日、一回目のワクチン接種いたしました。(7月24日16:30 ファイザー)

 

注射した場所の筋肉の痛みは、今朝起きた時に感じました。

12:30現在まだ痛いです。(痛みの程度は変わりません)

他に“副反応”は出ておりません。

 

本日は通常どうり営業しております。

熱中症にご注意ください。

つきぐっちゃん昼寝

Twitterはこちら