最終回「覚書」

あいさつブログ

筋肉に「コリ」があると痛いですよね、

それを「硬結(こうけつ)」と呼んだり、血流の問題から『発痛物質』が生じて痛みの原因となるとか、

たしかに、そうなのかもしれませんね。

そのぐらいのことなら、私だって言えますけどね、

でも、そんな話を聞きたいわけじゃありませんよね、ましてや医者でもない人間から、

(私はそう思うのです)

私は、だいたい次のようなことを言います

「気の流れが滞っていましてね、気が滞ると血(けつ)が滞るのです、・・で滞っているところは痛いんです」

「例えるなら、水の流れが障害物で妨げられているので、その障害物を探して、どかしていきましょうかね」とか、

「気を流すために、ツボを刺激していきましょう」とかね、

私が言うべきは、こういう事だと、現時点では信じていますし、こういう考え方が好きです。

とにかく、『気』という言葉から離れたくないんです。

なぜかというと、けっきょく人は「元気」になることが一番大切だと思うからです。

当たり前だと思うかもしれませんが、私が言う『ほんとうの元気』とは、例えば次のような事です、

どんな病気の人でも、ジャンボ宝くじで一等が当たれば『一瞬で元気になります』(想像してみてください、想像は自由です)

病気が一瞬で治るなんて言ってません、でも一瞬で元気になるはずです。そして、そこから全てが始まります。

人はだれでも、自分が喜びを感じることを実践し、ある時はそれに向かって義務を果たし、日々精進する中で、湧き上がる「気」を糧として生きているものだと信じています。究極的には『自己実現』ということでしょうか。たとえどんな時代であってもですね(※だれにでも受け入れられる考えじゃないことは承知しています)

もちろん、人間は生きているだけで十分幸せという考えだって素晴らしいと思います。

いずれにしても私は、『朝起きた時から、すごく調子いいの』とか『~さんがすごく元気になっていってる』とかいうお言葉に一番価値を感じています。

さて、メインテーマが整ってきたので、今回の記事をもちまして一旦締めくくりたいと思います。

あらためまして、明大寺マッサージ院の『大川 たろう』です。

私は、あん摩マッサージ指圧師です。(国家資格ですよ)それ以上でも以下でもありませんが、『もみ屋』といわれても結構です、むしろしっくりきます。

そして、提供したいのは「癒し」、願わくば「その人にとっての本当の癒し」につながる施術です。

「それが良い」と「体」が申しております。

ありがとうございました。(完)

※前回の記事

※最初の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です